アトピーと自然療法

アトピー肌にも優しい洗濯用洗剤

わたしはアトピーが重症化する数年前に卵巣嚢腫の手術をしていて、手術後に急激に体が冷えるようになり冷えとりを初めました。

アトピーが発症した時にはすでにタイツやソックスはシルクのものを着用していたので、洗剤はシルク対応のものを使っていました。

でもいきなりインナーを全てシルクに変えたりすると洗濯にも戸惑いますよね。

分けて手洗いするの?と思うと躊躇してしまいます。

私の場合は、洗濯するときには日常で負担なく続けるために、こうしています♪

【シルク素材の洗濯】

1.シルクなど繊細な素材は洗濯ネットに入れる

→手洗いが推奨されている商品も多いと思いますが基本的にネットに入れてしまいます。 (とっても繊細なデザインのものだけ手洗いすることもあります)

2.綿、シルクなど多くの素材に使える洗剤を使う

→一度に洗濯したいので一緒に洗うために洗剤を選んでいます。  合成繊維のものも一緒に洗っています。

3.シルクは陰干しする

実は気にせず天日干ししていた時期が長かったです^^;  でもしばらく経つと布が硬くなってしまうことがあったので、今は陰干ししています。そうするとシルク独特のしっとりした風合いが保てます♪

【お肌に優しい洗剤、何がおすすめ?】

せっかく肌に優しい上質なインナーを着用しても、刺激の強い合成洗剤やソフト剤を使ってしまえば繊維をコーティングしてしまうため化学繊維を使ったインナーを着用している時と、そんなに変わらないのではないかなと個人的には思います。

(もしも、洗剤を変えるか、インナーを変えるかのどちらか1択しか選べないなら私は洗剤から変えます。)

おすすめ1:パックスナチュロン 純粉せっけんN

おすすめポイントは

  • 綿、麻、合成繊維用 毛、絹、アセテートと幅広く使える(まとめて洗うのでこれ大事)
  • アトピーの時も安心して使えた(“赤ちゃんや肌のデリケートな方の肌着洗いにおすすめです”とメーカーさんからのお墨付き)
  • 柔軟剤を使わなくてもいい。ふんわり仕上がる
  • 合成界面活性剤、リン酸塩、蛍光増白剤や酵素、香料、酸化防止剤の使用なし
  • 無香料
おすすめ2:がんこ本舗  「海へ…」

おすすめポイントは

  • 綿、麻、化繊、ウール、シルク、カシミヤ、ダウンなど幅広く使える(まとめて洗うのでこれ大事)
  • アトピーの時も安心して使えた
  • 洗剤は少量で済むし、柔軟剤も使わなくていいし、すすぎも1回なので総合的にコスパがよい
  • 精油でほどよく香りづけされている
  • 柔軟剤を使わなくてもふんわり仕上がる
  • 溶けやすい(山間部に住んでいて寒い時も大丈夫だった◎)
  • ボトルがかわいい
  • 環境に配慮されているので個人的にも使いたい
詰め替え用が販売されているのでボトルも繰り返し使えます。

私自身、いつから使ってたかな?と思って考えたら14年も前!いろんなメーカーさんに浮気しながらも今はこれに戻っています。この洗剤を販売しているがんこ本舗さんを知ったのは代々木公園。

アースデイのイベントに出店されていたと記憶してます。当時はあまり人も多くなくてのんびりしていた雰囲気でした。

私はその頃、20代前半、青山の商社でインナーウエアのデザイナーアシスタントとして働いていました。夜遅くまで働いて食事は外食・コンビニは当たり前。冷えとりにも出会ってなくて、不健康極まりない生活を若さでなんとかしていた時代。

自由が丘に引っ越したのを機に、環境に優しい洗剤で生活してみようと思っていた時に出会ったのが「海へ…」でした。

実家の母が病になり、着用するものや洗剤の大切さを伝えたら洗剤も変えたいと言ってくれたものの、今まで何種類かのメーカーの洗剤をお試しで使ってもらっても、長続きしませんでした。

「海へ…」は現在リピートしています。

(ナチュラルな洗剤は香りが付いてないからヤダ!と言っていた父や弟も香りが気に入ってこれならOKといってくれたそうな)

せっかく肌に優しい上質なインナーを着用しても、刺激の強い合成洗剤やソフト剤を使ってしまえば繊維をコーティングしてしまうため化学繊維を使ったインナーを着用しているのと近い状態になってしまいそうですね。

もしも、洗剤を変えるか、インナーを変えるかのどちらか1択しか選べないなら私は洗剤から変えます。

アトピーの時は洗濯物も多くなりがちですよね。

お洗濯が楽しくなるエネルギーをこの記事に込めてみました

みなさんのアトピーが少しでも楽になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください