アトピーと自然療法

アトピーで傷ついた肌に優しいインナー

大人アトピーが重症化して炎症部分からにじみ出る滲出液(しんしゅつえき)が肌着に付着して乾くとバリバリになって、剥がすのさえ痛い状態だった時、

まずインナーを全てシルクに変えました。

【長袖インナーとタンクトップはシルクの天竺素材】


シルク100%の糸で編まれた天竺という編み方のニット素材はツルッとして滑らかな手触りで、

着替える時の肌の負担が少なく、毎日着用していました。

色々なメーカーで販売されているのですが、シルクは高級インナーでミセス向けが多く、お値段もそれなりにするところが多かったので、若い女性オーナーさんが運営されていて、価格もお手頃な冷えとりソックスのお店utataneで購入しています。

長袖カットソー 高級シルク100% 天竺

タンクトップ 高級シルク100% 天竺

(この記事を書いている2019年4月1日現在では上記の2点は売切れになっています。新しい商品でもシルク100%天竺のものが販売されています)

【ブラとショーツもシルクに】


化学繊維でできたワイヤー入りのかわいいブラやショーツなど締め付けが少しでもあるものは痒くなるので全く着用できなくなりました。

そこで愛用していたのがシルクふぁみりぃのマルベリーリラックスブラです。

マルベリーというニットは絹90%。でも肌側は絹100%になるよう編み上げてあるそうです。

なによりアンダーバストの部分が腹巻にも使われている伸びの良いシルク素材で締め付けがありません。つけていてもとっても楽でした。

ショーツは3種類ご紹介します。
その1:utatane   シンプルショーツ 

高級シルク100% 天竺 股上深め

長袖インナーやタンクトップとおなじ布なので、つるつるして気持ち良いです。

ショーツはインナーの中でも枚数が必要なのでこの価格は他と比べてお手頃でありがたかったです。また一般的なショーツのようにフィット感はありませんが、肌にくっつかないというのはアトピーでかき壊してしまった肌には重要な着心地ポイントだったのでそれも嬉しいところでした。

その2:Pea Pod シルク素肌ショーツ

“ゴムを一切使わず、締め付けのない履き心地薄手のシルクなのに、とても温かくまるで素肌を重ねたようなショーツ。” と商品紹介されているように締め付けないショーツ。

utatane   シンプルショーツが3枚は購入できる価格ですが、納得のはき心地とこだわりのつまったショーツです。

少し変わった形ですし、通販なのでサイズが心配ですが、

PeaPodさんは試着レンタルサービスをされているので安心してぴったりのサイズを購入することができました。

その3:ふんどしパンツを手作り

アトピーが重症化する前から、履いていた手作りのショーツ。

素材はシルクではないですが、綿100%のダブルガーゼを使っていました。鼠蹊部(そけいぶ)を締め付けないし、手芸が趣味の方であれば簡単に作れると思いますよ♪


手作りはできそうにないなーという方もいらっしゃると思います。最近、手作りのふんどしパンツに近いはき心地のショーツをシルクふぁみりぃで見つけましたので最後にご紹介します。

ソレル ふんどしショーツ  絹50% コットン50%


【インナーは重症化した後、全部変えました】

出費はきつかったですが、それまで着用していた化学繊維がメインのインナーはアトピーでただれた肌には刺激が強すぎてとても着ていられなかったです。

ランジェリーデザインのお仕事もしていたこともあり、繊細なレースのインナーが好きだったし、女性らしいと思っていたので、最初は「可愛くないなー。嫌だなー。」という気持ちもありました。

本当に上質な肌触りの天然素材のインナー着るようになったら、今までのインナーがどれだけ肌にストレスを与えていたのかということに気づきました。

アトピーが落ち着いた現在もシルクふぁみりぃさん・冷えとりソックスのお店utataneさんのインナーを愛用しています。

最近は久しぶりにレースが付いたものなどにもチャレンジしています。

みなさんのアトピーが少しでも楽になりますように、

安心して眠れるようになるエネルギーをこの記事に込めてみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください