フラワーエッセンス

フラワーエッセンス

植物のエネルギーを転写した純粋な湧水をマザーエッセンス(母液)といい、そこに保存料としてアルコールかグリセリンを加えたものがフラワーエッセンスです。
古い時代から存在していたようですが1930年代、イギリスの細菌学者でホメオパシーの医師のあったエドワード・バッチ博士がフラワーエッセンスを体系づけました。様々な患者を治療する中博士は自身で新しい治療法を模索するようになり、野生の植物に人間の心や感情を癒す不思議な力があることに注目。38種類からなるバッチフラワーレメディを長い年月をかけた研究の末、完成させます。

 

 

現在は世界中で様々なフラワーエッセンスが愛用されており、鉱物・動物・昆虫・貝・色・星・女神・天使など花以外のバイブレーションエッセンスも存在します。

 

無香料で精油の香りは影響が大きい赤ちゃんから妊婦さん、小さな動物に至るまで、安心してご利用になれます。

精油とは違い、植物の抽出成分などの物質的なものは含まれていません。また医薬品のように身体的な病気や病状に直接作用するものではありません。

顕在意識と、潜在意識の間の感情にアプローチすることによって自分の思いグセを癒したり、自分の変容をスムーズにサポートしてくれます。心の状態を整えることによって、自然治癒力が本来のちからを取り戻していきます。
バッチ博士は人々が自分で自分を癒せるようになることを目指していたので基本的には、自分の性格や現在の心の状態を見ながら、それにふさわしいレメディを自分で選ぶセルフケアの商品です。

 

※世界中のフラワーエッセンスには、様々な保存剤が使われています。ベジタブルグリセリン・海塩・ウィスキー・ウオッカ・砂糖・蜂蜜まで、開発者や製造者により選択されています。

※アルコールタイプの保存剤を使用していても量は水に薄めて数滴なので、今までの経験上問題は出ていません。ウオッカなどアルコール度数が高いものは熱湯に薄めてアルコールを飛ばして引用しています。
ただし、極度にアルコールに過敏だったり、薬を多量に服用している場合には医師に相談するなどして気をつけて下さいね。

<注意>
フラワーエッセンスの使用感などは私個人の意見です。全ての人に当てはまるわけではありませんのでご了承ください。